textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

日本酒には地域の名産品や和のおつまみをはじめ洋風の料理と合わせるのもおすすめ

産地の名産品と合わせて

日本酒は米と水、風土で味が決まると言われており、醸造される場所に流れる清らかな清流やその水で育つ酒米、麹の発酵を左右する気候や気温、湿度などが大きく影響し、同じ原材料を使っても味わいが大きく異なってきます。
そのため、日本酒に合うおつまみを見つけたいときには、その日本酒の産地の名産品を合わせるとより美味しく飲むことができます。
宮城の地酒なら笹かま、秋田の地酒ならいぶりがっこ、鹿児島の地酒ならさつま揚げなど、地域特産の魚系のおつまみや、お新香やお漬物など地域特産の農産加工品とのマリアージュを楽しんでみましょう。
地域と風土が合うので、おつまみの組み合わせとして外れがありません。

定番の和のおつまみとじっくり味わう

日本酒は全国各地の地酒や銘酒が手に入りやすい環境も整っていますが、地域の特産品は簡単には手に入らないこともあります。
そうした際には何処でも手に入る定番の和のおつまみで、晩酌を楽しみましょう。
夏なら枝豆や鰹節や生姜、シソなどの薬味をたっぷり乗せた冷奴や旬の魚の刺身などがおすすめです。
冬ならアンコウ鍋や水炊きなどの鍋物や、おでんの好きな具材に辛子や七味唐辛子をたっぷり振って合わせたいものです。
年間を通じてファンが多い、焼き鳥や天ぷらなどのこってり系のおつまみにもよく合います。
また、塩辛や明太子、あたりめやさきイカ、干物などの魚介類を使った昔ながらの伝統食品も日本酒のおつまみには最適です。
夏は冷酒で冬は熱燗にして、おつまみに合わせて冷酒、熱燗の飲み方も変えてみましょう。

洋風のおつまみとの組み合わせを楽しむ

日本酒には和のおつまみが合うイメージですが、洋風の料理や食材に合わせても楽しめます。
ジャンルを選ばず気軽に日本酒を合わせることで、若い世代の方もぜひ日本酒にチャレンジしてほしいものです。
チーズやグラタンなどこってり系のおつまみや、大根おろしなどを添えた和風ステーキや和風ハンバーグ、鉄板焼きに合わせても、スッキリとした飲み口がお口を爽やかにしてくれます。
洋風のおつまみにはパンチの効いた辛口の日本酒を合わせるとマッチしやすいですが、キツイお酒が苦手な女性なら甘口の日本酒を合わせてもいいでしょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る