textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

美味しく飲める焼酎の作り方をマスターしよう

焼酎はいろいろなスタイルで美味しく飲めるお酒

焼酎は蒸留酒ですので、ビールや日本酒に比べるとアルコール度数が高くなっています。
平均して20度~30度くらいありますので、アルコール度数が5度程度のビールや15度程度の日本酒と比較すると、かなり高めという印象を受けます。
それでいて、毎日の晩酌に飲めるという世界でも稀な蒸留酒が焼酎なのです。
蒸留酒ということで、焼酎は糖質を一切含んでいませんので、糖質制限をする必要がある人にとってはありがたいお酒です。
カロリーはありますが、糖質がないことで、糖質制限のある人でも安心して飲めるというわけです。
そのため、美味しく飲める焼酎の作り方をマスターしておくのも、お酒好きとしては無駄ではないでしょう。

基本の作り方は3つ

焼酎を美味しく飲むための作り方は、基本的に3つになります。
氷を入れて楽しむオンザロックは、焼酎そのものの味わいが楽しめますので、芋や麦、米など自分がもっとも美味しいと感じる焼酎の味わいを選んで作るのがオススメです。
さらに、オンザロック用のグラスを用意し、大きめの氷をグラスに入れるのが、焼酎のオンザロックの作り方における一番のポイントです。
大きめの氷はゆっくりと溶けていきますので、氷が溶けていくにしたがって焼酎のアルコール度数が薄められていき、味わいに変化が感じられるようになるからです。
お好みでレモンスライスや梅干しを添えると意外に美味しいと感じられます。

定番の水割り、お湯割り

オンザロックでは強すぎると感じる人にオススメの作り方は、焼酎の水割り、お湯割りです。
暑い季節は水割りで、寒い時期にはお湯割りが美味しいのが焼酎の魅力でもあります。
水割りの作り方は、グラスに氷を入れて、その氷にあてるようにして焼酎を注ぎます。
氷に触れることによって焼酎が冷え、より美味しくなるからです。
その後、お好みの濃さになるまで水を注ぎますが、くれぐれもこの順序を守らないと美味しい作り方にはならないことに注意が必要です。
お湯割りの場合は、水割りとは反対に、先に70度くらいのお湯を湯のみなどに入れます。
いったん沸騰したお湯を冷ましてから入れるのがポイントですが、お湯を注いだあとに焼酎を入れるのが一番重要です。
水割りは先、お湯割りは後と覚えておくと、美味しい焼酎の基本の作り方はほぼマスターできたと言えます。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る