textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

パーセンテージで示されるワインの度数

お酒が弱い方に気になる度数

ワインの度数は一般的にアルコール分〇%という形で示されています。
ボトルのラベルを見ると、アルコール〇%とあり、それが〇度とほぼ同じ意味合いになります。
ワインの度数はその製品にもよりますが、アルコール分7%~14%程度の範囲に収まるものが一般的です。
そのため、お酒が弱い方やあまり強いお酒は得意ではないという方は、7%に近いものを、お酒が強い方や強めのタイプが好きというかたは14%に近いものを選ぶといいでしょう。
お酒に弱いわけでも強いわけでもなく、甘すぎるぶどうジュースのようなものよりはそれなりにお酒と思えるものを飲みたい方、ワイン初心者の方なら10%~12%程度のものがおすすめです。
ぶどうの旨みとワインとしてのアルコール分がちょうどバランスよく感じられる度数といえるからです。

他のお酒との比較

ワインはぶどうの風味が強く、人によってはぶどうジュースのようと感じる方もいるほど飲みやすいタイプもあります。
もっとも、飲みやすくても意外に度数が高いものもあるので、飲みなれていない方やお酒に弱い方は事前にアルコール度数をしっかり確認してから飲むようにしましょう。
ワインは7%~14%のものが多いとご紹介しましたが、これに対して気軽に飲めるビールは5度、日本酒は15度、焼酎は25度程度のものが一般的です。
ということは、ワインはビールより度数が高く、日本酒よりはやや弱く、焼酎よりはアルコール度数が小さくて飲みやすいということがいえます。

ブドウの種類や味わいでも異なる感じ方

ワインはアルコール度数の表示に関わらず、実際に飲んでみて強いお酒と感じることもあれば、ジュースのように飲みやすいと感じることもあります。
ブドウの銘柄や熟成度合いなどによっても異なり、使用したぶどうの品種や仕込んでからの期間、さらにボトル詰めされてからの熟成年数などでも、まったく風味や味わいが異なってきます。
一般的に白ワインは7%~14%の範囲内になり、赤ワインは11%~14%のものが多いため、白ワインの中には赤ワインより度数が低いものもあります。
ですが、スッキリとした飲み心地から、白ワインはアルコール度数が高いと感じられるものが多いのが面白いところです。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る