textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

ワインボトルの開け方

ワインを開ける

最近ではご家庭向けに、パックコンテナーに入ったワインやスクリュー型のフタがついたワインも多々見ることがありますが、やはりワインといえばコルクがつきものです。
洒落た雰囲気で飲む場合や改まった場で飲むワインは、やはりオーソドックスなコルク型の方が雰囲気もあって好まれるでしょう。

コルクスクリュー

しかし、多くの方がこれさえなければ簡単なのに、と思うのがワインのボトルのコルクのあけ方です。
ソムリエやバーテンダーの様に、コルクスクリューで開けられたら問題はないのですが、たまにしかコルクスクリューを使わない方ですと、四苦八苦される事が多いのではないでしょうか。

コルクスクリューで開ける際のコツ

まずコルクスクリューであける場合ですが、コルクが古いともろくなっていて壊れやすい事がありますので、少しボトルを斜めにしたりしてコルクを潤しておくとよいでしょう。
そしてコルクスクリューをコルクの中心に差し込みます。
差し込んだら、時計回りにクルクルと回していき、コルクスクリューがある程度の位置まできたら、今度は力をこめて、グイグイとコルクスクリューを上に引っ張りあげます。
こうするとコルクがじわじわと上にあがってきて、ポンといういい音と共にコルクがあき、芳しいワインの香が楽しめるというわけです。
コルクが古すぎて乾燥していたり、力の入れ方を間違えると、途中でコルクが壊れて中々ワインにありつけない事もありますから、コルクを潤す点と力加減にはいつも注意が必要です。

コルクスクリューが苦手な方の場合

初心者の方や力のない方の場合でしたらウィング型と呼ばれるオープナーが便利です。
これはワインボトルのコルクの上に載せてスクリューを差し込んだら、左右にある羽の様なハンドルをグイッと下に下げるだけで簡単にコルクが抜けるというものです。
ご家庭でご利用になるにはこれが一番簡単なオープナーといえるでしょう。

まだまだある新型オープナー

最近では電動型や空気圧を使ったオープナーも発売されており、ボトルのコルクの上にあてがうだけで簡単に開栓する事ができますが、価格もややお高めですのでお勧めはウィング型です。
しかし慣れてきたらスクリュー型のものを利用して、ある程度自分の力も使ってコルクをあけると、ソムリエ気分も味わえてワインを楽しむ醍醐味もより一層高まるでしょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る