textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

シャンパンを上手に注ぐ方法を知っておこう

お祝いの席に欠かせないシャンパン

お祝いの席に欠かせないお酒の筆頭に挙げられるシャンパンは、F1レースでの優勝の際などにシャンパンファイトで目にしたことがある人も多いでしょう。
喜びを表現するためにあふれ出るように開栓していますが、通常はこぼれないように、さらにはできるだけ音を立てずに開けるのがスマートです。
そんなシャンパンの開け方から、上手に注ぐ方法まで知っておけば、お祝いの席でシャンパンが出たときにも自信を持って開け、注ぐことができます。

開ける前の準備

シャンパンは発泡性のお酒ですので、開けたときに泡が噴き出ることがあります。
これを抑えるには冷蔵庫で冷やしておくのが効果的です。
甘口のシャンパンはしっかり冷やし、辛口のシャンパンは甘口よりもちょっと高めの温度が適しています。
十分に冷やしたシャンパンの栓を開けるには、コルクにかけられたワイヤーを取ることから始まりますが、この時ボトルを斜めにしておくことが大事です。
ボトルの中でシャンパンに触れる空気の量が多くなることによって、コルク栓を抜いたときに泡が出にくくなるためです。
また、ガスによってコルク栓が飛ぶ可能性がありますので、飛ばないように手を添え、ワイヤーにかかるように抜くのがスマートです。

緊張する注ぐ瞬間

どんな飲み物でもグラスに注ぐ瞬間というのはある程度緊張を伴うものですが、おめでたい時に飲むことが多いシャンパンをこぼしてしまうのはできるだけ避けたいところです。
上手に注ぐコツとしては、コルク栓を抜いてもすぐに注がないことです。
時間を置くことで、開栓されたことで泡立ったボトルの中の泡を抑えることができます。
シャンパンはビールのように一気に注ぐのではなく、2~3回に分けて注ぎます。
いくつかのシャンパングラスがある場合は、それぞれに半分ほど注いだのち、また最初に戻ってグラスの6分目くらいまでくるように注ぎます。
複数のグラスに注ぐ場合は、グラスの中の量が均一になるよう注意が必要です。

こぼれないようにすることも大事

冷やしたシャンパンボトルには、水滴が付いている可能性があります。
注いでいるときに、ボトルから水滴がこぼれてしまうのはマナー違反ですので、ナプキンなどを添えて水滴が落ちないように注意すると、スマートにシャンパンを注ぐことができます。
シャンパンそのものはもちろんのこと、水滴までも落とさない注ぎ方ができれば完璧です。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る