textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

味によって美味しい飲み方が変わる日本酒

日本酒の種類

日本酒と一口に言ってもいくつか種類があります。
生と呼ばれるお酒は酒蔵から取り出されて間がないことから、基本的に冷蔵庫で保存し、冷たい状態で飲みます。
冷たくして飲むのが美味しい冷酒とは違い、保存状態をよくするために冷蔵庫で保存するのが生原酒の特徴です。
比較されやすい冷酒は、冷たくすることでより美味しく感じられるようにという意図で作られた日本酒です。
最近は発泡性を持たせた、シャンパンのような日本酒がおしゃれだとして人気を集めています。
シャンパンに似た舌ざわりだとしたら、よく冷やして飲むのが美味しいのは確かです。
その他には、常温で飲んでもっともおいしい日本酒もあれば、熱燗にするのが向いているお酒もあります。
どれも同じように思えても、種類によって飲み方を変えることが大事だということが分かります。

甘さと辛さ

日本酒には甘口なのか辛口なのか、それともその中間なのかといった表示がされています。
これも美味しく飲むための飲み方を決める参考になりますので、覚えておくといいでしょう。
辛口のお酒は冷やして飲むと、よりきりっとした味わいになりますし、甘口のお酒は常温で飲むことで甘さがしっかり味わえます。
熱燗に適しているのは、中口ということになり、このタイプは冷やしても熱燗にしても、さらには常温で飲んでもいいというオールマイティさが特徴と言えます。
とはいえ、辛口は必ず冷やして飲まなければならず、熱燗には向かないというわけではありません。
今日は寒いとなれば、好きな辛口の酒を熱燗にしてみるのもいいでしょう。
生原酒や発泡性がある、最初から冷やして飲む目的で作っているといった特徴のある物を除き、常温で売られている日本酒はどんな飲み方もお好みでいいといえます。

より美味しく飲むために

日本酒をより美味しく飲むためには、和らぎ水と呼ばれる水を用意することを忘れないようにしましょう。
お酒を飲む合間に和らぎ水を飲むことによって、ゆるやかに酔いが回るようになり、体への負担も和らげてくれるからです。
せっかくのお酒なのに水を飲むなんてと思う人もいるかもしれませんが、水をしっかり飲みながらお酒を飲むことで、体に負担をかけずにお酒を飲めますので、どんな日本酒を選ぶにしても忘れてはいけない飲み方の基本と言えます。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る