textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

焼酎は太るのか太らないのかどっちなのか

焼酎は太らないのか

焼酎が好きと言う人は決して少なくありませんが、飲んでいてふと頭をよぎる事もあるのではないでしょうか。
その一つが、飲みすぎてしまうと太ってしまうのではないかと言う事です。
確かにお酒を飲みすぎると太ると言うイメージはありますが、実際には必ずしも太るとは言い切れません。
上手にお酒を選んで、さらに飲み方に注意すればカロリーをそれ程気にしなくても十分楽しむ事も出来ます。
焼酎(甲類)の場合、100mlあたり200kcal程度のカロリーとなっています。
また乙類の場合は100mlあたり145kcalとなっています。
比較対象としてビールを出してきた場合、ヒールは100mlあたり40kcalとなっており、数字だけを見ると焼酎の方が圧倒的に高カロリーだと言って良いでしょう。
しかし、実は注意しなければいけないのはそのアルコール度数です。
ビールの場合はそのまま薄めることなく飲みますが、焼酎はストレートで飲むと言うよりはお湯などで割って飲むと言う人も多くいます。
もちろん希釈すればそれだけカロリーも低くなります。
薄めかたにもよりますが、実はビールよりも焼酎の方が低カロリーとなっている事も決して少なくありません。
またそもそも焼酎等の蒸留酒のカロリーは、エンプティカロリーと言われています。
エンプティ、つまり空っぽと言う意味合いになるのですが、簡単に言えば体に残りにくいエネルギーと言えるのです。
アルコールによるカロリーは体に残らない、燃焼されやすいカロリーとなっているので、ジュース等に比べると実は太りにくいと言えます。
さらに焼酎自体は糖質を含まないので、ダイエットの時にも飲みやすいアルコールだと言って良いでしょう。

太らない飲み方

焼酎自体は糖質を含んでいないので、希釈して飲めばかなり低カロリーの飲み物となります。
だからと言ってがぶ飲みするのは良くないので注意しましょう。
また太らない飲み方としては、できるだけ酒の肴に注意する事もポイントです。
味の濃い物を食べてしまうと、どうしても喉が渇いてしまうので水分摂取量が増えてしまうからです。
この場合は出来るだけ味が濃くない物、さらにダイエットの事を考えるなら咀嚼回数が多い物を食べると良いでしょう。
そしてゆっくりと焼酎を楽しむというのが、太らない飲み方のコツです。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る