textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

ウイスキーに興味を持ち始めた人もそうでない人も

ウイスキーの産地は5つある

これからウイスキーを飲んでみようと思っている人から、すでにウイスキーはかなり飲んでいるという人まで、知っておくとさらに美味しく飲めるようになる知識があります。
それが、ウイスキーの産地として知られているところが、世界中に5か所あるということです。
有名なのはスコットランドですが、アイルランドもウイスキーの産地です。
さらにアメリカとカナダ、そして日本も産地の一つとなっています。
日本のウイスキーの歴史についてはドラマで放送されましたので、よく知られるようになったのではないでしょうか。
スコットランドのウイスキーは、スコッチウイスキーとして一番よく知られていますが、ところ変われば品変わると昔から言いますので、とにかく世界の産地5つの中で、もっとも有名なウイスキーを制覇するのも楽しみです。

産地や作り方によって様々な違いがある

どれもお酒のジャンルはウイスキーとはいうものの、産地によって味わいや香りなどに様々な違いがあります。
この違いこそが楽しみの要素となり、さらに自分にとって一番お気に入りを決める要素にもなります。
ウイスキーは、大麦を原料に作られるお酒ですが、この大麦のことをモルトと言います。
一つのモルトだけを使い、さらに一か所の蒸留所だけで作られたウイスキーに限り、このウイスキーはシングルモルトウイスキーと呼ばれます。
もう一つが、穀物を原料にして作られたグレーンウイスキーを、モルトウイスキーとブレンドして作ったウイスキーで、これをブレンデッドウイスキーと言います。
ウイスキーの種類を分けると、たいていこの二つのどちらかに分類されますので、ウイスキーの種類は大まかに分けると二つと考えておくといいでしょう。

初心者にオススメなのはどっち

二つのウイスキーしかないのであれば、初心者が選ぶのにおすすめはどちらかというと、ブレンデッドウイスキーです。
ブレンドをすることによってバランスの取れた飲みやすい味わいになるからです。
シングルモルトウイスキーは豊かな香りが楽しめますが、味わいには蒸留所ごとの個性が強く出ますので、比較的ウイスキーを飲み慣れた、ウイスキー上級者向けと言えるでしょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る