textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

糖質が気になる人も安心して飲めるお酒

お酒は糖分の塊

様々な種類のお酒がありますが、お酒というのは糖分の塊と言っていいでしょう。
日本酒はお米を原料にしていますし、焼酎は芋や麦などを使って作ります。
そのためどんなお酒を飲むにしても、摂取すればその分カロリーを取り込むことになりますし、糖質の含有量によっては糖質制限をしている人には不向きなお酒も存在するのは確かです。

ウイスキーは太るというイメージ

100ミリリットルあたりのカロリーを様々なお酒で比較してみると、もっともカロリーが高いジン、さらにラム酒に次いでウイスキーは3位にランクインしています。
これを見て、ウイスキーはカロリーが高いから太る、だから飲むのをやめようと考える人もいるでしょうが、ここでもう少し考えてみる必要があります。
日本酒はウイスキーの半分以下のカロリーですが、これはあくまでも100ミリリットルのカロリーです。
つまり、飲む量が大きく関係してくるわけです。
日本酒なら1合、約180ミリリットルを飲むことが出来ますが、ウイスキーなら飲んでもせいぜいダブルまででしょう。
そうなると、摂取カロリーは日本酒の方が上回ってきます。
ウイスキーはゴクゴク飲むには適していないお酒だからです。

糖質はどうか

お酒を二つの種類に分類すると、醸造酒と蒸留酒に分けることが出来ます。
ウイスキーは蒸留酒に分類されますが、醸造してお酒を作るという工程までは醸造酒と同じです。
醸造酒である日本酒やビールは発酵させたあと瓶詰めされることから糖質を含んだままとなりますが、ウイスキーは発酵させたあとで蒸留することによって、糖質を含まないお酒に変わります。
つまり、ウイスキーには糖質は全く含まれなくなるというわけです。
日本酒やビールをよく飲む人は、糖質の摂りすぎから糖尿病を発症することがよくありますが、その点、ウイスキーは糖質を含みませんので、気にすることなく飲むことが出来ます。
将来、糖尿病になりたくない人や、すでに糖尿病になってしまった人にとっては、頼もしいお酒と言えるでしょう。
カロリーも少ない上に糖質ゼロとなれば、メタボでダイエットの必要がある人はお酒を変えるという簡単なことで、対策が取れることになります。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る