textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

種類別にワイングラスが選べるようになると

様々なワイングラス

ワイングラスと一口に言っても、その種類は実に豊富で形も大きさも様々です。
ワインを飲んでみようかなと思い始めた人が、せっかく飲むならワイングラスでと探しに行ったところ、あまりにもたくさんの異なる形のグラスがあり、どれを選べばいいのかわからないというのはよくあります。
なぜ、ワイングラスにはこれほどたくさんの異なる形状があるのか、不思議に思う人もいるでしょう。
これはワインというお酒の味わい方によるためです。
ワインはまず香りを楽しむお酒ですので、ワインのタイプによって適したグラスの形状も変わるという特徴があります。
したがって、ワインの種類別にワイングラスを揃えることが、より美味しくワインを楽しめるポイントとなります。

飲み口の広さの違い

ワイングラスを見比べてみると、飲み口が広く開いているタイプもあれば狭くて細身のものもあります。
この飲み口の広さによって、必然的にグラスを傾けたときに口の中に入ってくるワインの量が違ってきます。
ワインがより多く入るとそれだけ口の中に広がるスピードが早くなりますが、ワインの面白いところは多いときと少ないときとで味わいに違いを感じることです。
つまり、ワイングラスを変えることで、全く同じワインでも違った味わいに感じられるというわけですから、不思議なお酒ともいえます。

具体的にどのように選べばいいのか

ワイン初心者としては、具体的にどのように選べばいいのかが気になるでしょう。
大きく分けると赤ワイン用と白ワイン用、そして炭酸が入っているシャンパンやスパークリングワインの3種類を飲み分けるために、最低でも3つのワイングラスを用意するのがオススメです。
ロゼが好きな人は、ロゼ向きのワイングラスもあります。
赤ワインの場合は大ぶりのものが適していますが、ワインの種類によっては広く開いたものが適していることもあれば、すぼまった形状のほうが、香りが逃げにくい場合があります。
白ワインは冷やして飲むのが美味しいことから、ぬるくなる前に飲みきってしまう必要があるため、赤ワイン用よりも小ぶりで細身のグラスになっているのが特徴です。
赤と白の区別がはっきりつくように揃えれば、ワインを楽しむための準備は整ったと言えるでしょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る