textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

泡盛は糖質ゼロで太りにくいお酒です

泡盛は太りやすい?

お酒は太りやすいと思っている人は少なくありません。
同じお酒でも、名前の響きのせいか特に泡盛はそのようなイメージを強く感じていることが多いです。
でも、泡盛は他のお酒と比べて実際は太りにくいお酒だと言われています。
「原料はお米だから炭水化物(糖類)が含まれているはず」と思われているケースが多いです。
しかし、泡盛は蒸留酒です。
蒸留とは、加熱させて気化させたものを分留させて、冷やして凝縮したものです。
気化しやすいアルコールが主成分となるわけです。
一方、糖質などはいくら加熱しても気化することはありません。
そのため、泡盛は糖質ゼロとなるわけです。

アルコールは熱に転換される

では、「アルコールそのものもカロリーがあるのだから太るはず」と思われる人もいます。
確かにアルコールにはカロリーがあります。
そもそもカロリーとは、熱量であり、カロリーが太るというのは、そのカロリーを脂肪に転換しているからです。
しかし、アルコールのカロリーは飲んですぐ熱に転換されてしまいます。
飲酒後に体温が上昇することは知られており、顔が赤らめてしまう理由の一つはそこにあります。
アルコールは脂肪への転換されることがないため、太らないのです。
これはアメリカの医学者グルーショーの統計学的な調査でも明らかにされています。

お酒よりも食事が原因

そのため、泡盛を始めとした蒸留酒は太りにくいです。
ただし、注意しなくてはいけません。
美味しいお酒には美味しい食事を食べたくなるものです。
実は、お酒が太ると思われるのは、その食事にあります。
いくら泡盛に糖質が含まれてないからと言って、泡盛と一緒に食べる食事に糖類がたっぷりあっては太ってしまいます。
そこでダイエットを考えている人は、泡盛などの飲酒を辞めるのではなく、酒の肴を見直すことが大切です。
肴として、麺類やご飯類はもちろんよく出される揚げ物はダイエットを視点にするとタブーです。
一方、焼き魚や刺身などは炭水化物が少ないでダイエットの影響が出にくいです。
また、おつまみの定番である枝豆もオススメです。
低炭水化物高タンパクであるため太りにくいのに加え、ビタミンB1やメチオニンがアルコール分解を促進してくれるため、二日酔いや悪酔いの防止にもなります。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る