textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

ウイスキーの原料には何があるの?

世界にはさまざまな原料のウイスキーが作られています

ウイスキーの原料といえば、真っ先に大麦麦芽をイメージされる方がほとんどではないでしょうか。
現在は麦芽だけを原料としたモルトウイスキーが主流で馴染みがありますが、実はウイスキーの原料は大麦麦芽だけではなくトウモロコシなどの穀物を使用したものもあります。
大麦麦芽を原料としたモルトウイスキーは香りがとても豊かで個性的な味わいをしています。
他にもグレーンウィスキーと呼ばれるものがあり、こちらはトウモロコシなどの穀類を原料としたものでとても喉越しが軽く、スッキリとした味わいをしているのが特徴です。

原料によって製造方法に違いがあります

大麦麦芽を原料とするモルトウイスキーとトウモロコシなどの穀類を原料とするグレーンウイスキーでは、製造方法や蒸留方法に違いがあります。
モルトウイスキーの製造では単式蒸溜器という機械が使われ、グレーンウイスキーでは連続式蒸溜器が使われて製造されます。
モルトウイスキーの中で単一蒸溜所の原酒で作ったものはシングルモルトウイスキーと呼ばれており、蒸溜所の個性が生きたウイスキーに仕上がります。
同じような原料、製造方法で作っても毎回同じ味になることはありません。
個性的な味やその年だけの味に仕上がりますので、個性のある味を楽しみたいという方はシングルモルトウイスキーを試されると良いでしょう。

原材料の違う二種類を混ぜたウイスキー
原材料が違うモルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドさせたものがブレンデッドウイスキーと呼ばれるウイスキーです。

原材料の違う二種類をブレンドするメリットとは

ブレンデッドウイスキーは大麦麦芽を原料としたモルト原酒と、トウモロコシなどの原料で作ったグレーン原酒を混ぜたものとなります。
何故、原材料の違う二種類を混ぜるのでしょうか。
その理由はモルトウイスキーは癖が強いので、香りも穏やかなグレーン原酒を混ぜることにより、よりマイルドな味に仕上がるからです。
ブレンデッドウイスキーは二種類の原料が混ざり合っていますので、香りも味もまろやかです。
モルトウイスキーの癖の強さが苦手な方におすすめなウイスキーでしょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る