textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

シャンパンの度数は何度だろう

シャンパンを楽しむ為に

お酒を飲む場合、自宅であれば酔ったとしてもそれ程周りに迷惑を掛ける事は少ないかもしれません。
しかしシャンパン自体は自宅で飲む場合だけでなく、パーティーや誕生日会、結婚式等御祝いの席で飲まれる事も多々あります。
そんな時、沢山飲みすぎてしまったが為に酔いつぶれてしまうと、周りに迷惑がかかってしまいかねません。
楽しくシャンパンを楽しむ為にも、まずはそのアルコール度数を知るところから始めてみるのも良いでしょう。

シャンパンの度数を知ろう

シャンパンのアルコール度数は銘柄によっても違いますが、大体11%から12%程度が一般的です。
では、12%とは高いのでしょうか、それともそれ程高くないのでしょうか。
日本での消費量が多いビールは、大体アルコール度数が5%程度です。
それと比較してみると、2.4倍の高さです。
ただ、12%で、ビールの2.4倍と聞いてもあまりピンとこない人も居るのではないでしょうか。
そんな時は実際に普段飲んでいるアルコールの量に換算してみるのも一つの方法です。
例えば、シャンパンのボトルが700mlだったとします。
ただ、そのアルコール度数はビールの2.4倍なので、700mlのシャンパンを飲むと、缶ビールであれば約5本分飲んだ時と同じ位のアルコールを摂取する事になります。

楽しいお酒を飲む為に知っておくと良いポイント

アルコールに対する耐性はその人によっても違っており、缶ビール5本飲むと酔ってしまう人も居れば、全く酔わない人も居るでしょう。
ただシャンパン自体は炭酸が含まれており、飲む事によって胃壁を刺激します。
胃壁が刺激されるとアルコールの吸収が早くなってしまいます。
なので思っているよりも酔ってしまう事もあるので注意しましょう。
ただ、シャンパンの度数自体は12%で、少しずつ飲んだり量を調整して飲めば、その味や風味等も楽しむ事が出来ます。
しかし楽しい雰囲気で飲むお酒なので、どうしてもピッチが速くなってしまいがちです。
どれ位飲む事が出来るか、さらに普段自分はどれ位アルコールに強いか問事を予め考えて飲む事をお勧めします。
シャンパン自体は洋食に合うイメージが有りますが、実際には和食にもお勧めのお酒です。
色々なシーンに花を添える事が出来るお酒なので、度数は元よりその特徴を良く知った上で楽しんでみてはいかがでしょうか。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る