textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

シャンパンにはどんな種類があるのか

シャンパンの分け方は何種類も有る

シャンパンと言うと、御祝いの席で出される事も多いので、華やかなお酒と言うイメージを抱いている人も少なくありません。
ただ実際には一言でシャンパンといってもさまざまな種類があります。
どれも同じと思ってしまうのではなく、より楽しむ為にもそれぞれの違いを知るのも良いでしょう。
シャンパンの種類を分ける方法としては、色、ランク、甘辛度、生産者別、さらに使っているぶどうを基準とする方法などがあります。

色で分けるとどうなるか

シャンパンは何色だ、と聞かれた場合、人によっても頭の中に浮かんでくる色は違っているはずです。
実際にはシャンパンは白とロゼの2種類に分ける事が出来ます。
白と言うのは、真っ白なシャンパンと言う訳ではなく、この場合は金色の様な色になっている物の事を指します。
ロゼは少しピンクがかった物です。

ランクで分けるとどうなるか

お酒にはランクが付けられている物も多く、シャンパンも例外ではありません。
シャンパンの場合はプレスティージュ、ヴィンテージ、ノンヴィンテージの3つに分ける事が出来ます。
この場合最も高いランク名のがプレスティージュと呼ばれる物です。
実際に購入する場合は、もちろんノンヴィンテージの物が最も安く、ヴィンテージ、プレスティージュの順に高くなっていきます。

甘辛度で分けるとどうなるか

シャンパンはどれも同じ様な味と言う訳ではなく、甘辛度と言うのが存在しています。
現在では辛口タイプの方が主流となっているので良く飲まれていますが、過去には甘口タイプの方が選ばれていた時代も有りました。
甘口なのか辛口なのかと言うのは、ボトルのラベル等に記されている商品説明の所を見れば確認する事は出来ます。

生産者別で分けるとどうなるか

シャンパンの生産者はいろいろなタイプに分かれています。
例えば、他の所からぶどうを買い付けて自分たちで作っている生産者もいれば、自分でぶどうを作り、それを原料にしてシャンパンを作っている人も居ます。
基本的に他からぶどうを買い付けてから作る生産者の方が生産量が多く、自分たちで作ったぶどうを作る生産者の方が生産量は少なくなります。

ぶどうで分けるとどうなるか
シャンパンを作る場合はぶどうを原料として作っていますが、その場合、限られた種類のぶどうにこだわって作っている場合も有れば、異なるぶどうの品種をブレンドして作っている場合も有ります。
従って、どんなぶどうを使っているかによって分類する事も可能です。
例えばシャルドネを100%使っていたり、黒ブドウだけを使って作っている場合です。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る