textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

気になるリキュールの賞味期限と保存方法

少しずつ多種類を揃えたいから

リキュール売り場に行くと、小さな可愛らしいボトルやお洒落なボトルがたくさん並んでおり、気になるとあれもこれも買いたくなる衝動に駆られる方もいらっしゃるでしょう。
自宅でバー並みにカクテルを楽しみたいとお酒を買いそろえている方にとっては、リキュールを少しずつ多種類揃えたいというニーズもあります。
もっとも、リキュールは一度に大量に使ったり、飲んだりするものではなく、お店と異なって1日に何人もの方からオーダーが入るなど一気に使い果たすこともないので、どうしても使い終わるまでに長い期間がかかることが予想されます。
そのため、リキュールの賞味期限が気になる方や保存方法が気になる方は多いのではないでしょうか。

賞味期限はあるのか

リキュールはお酒であり、アルコール度数が高いものも多いので賞味期限の表記がないものも多く、高温多湿を避けて冷暗所で保管しておけば長く保つことができます。
もっとも、原材料によっては劣化が進みやすいものもあります。
例えば、ミルクやヨーグルトなどの乳製品系などを使っているものには賞味期限が付されていることもあります。
その場合にはその期間内に開栓して使い切るようにしましょう。

開栓後の保存方法

リキュールは賞味期限がないもの、長いものもありますが、開栓後は保存方法や使い方に気を付ける必要があります。
賞味期限が設定されている乳製品などが使われたリキュールや、一部のリキュールの場合は、開栓後は冷蔵庫で保存し、早めに使い切るように指示がある製品もあります。
一方、開栓後もキャップなどをしっかりしめておけば、冷暗所保存で問題ないものもありますが、猛暑の夏場などは冷蔵庫のほうが安心のものもあります。

保存の仕方や気をつけたい事

開栓後のリキュールを保存するにあたっては、高温多湿を避け、日光に直接あたる場所には置かない、温かくなりすぎないよう温度に気を付けるようにしましょう。
原材料によっては腐敗の原因になりますし、それ以外のものでも発酵が進んで当初の風味や本来の風味より濃くなってしまうなど、味わいや香りが劣化する恐れがあります。
カクテルに使うにしても、お菓子作りに使うにしても、風味が劣化しないうちに使い切りましょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る