textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

焼酎ハイボールの意味を知らない人は意外と多い

ハイボールブームがやってきた

ウィスキーをソーダや炭酸水で割り、氷をたっぷり入れて軽くステアしたものをハイボールと呼びます。
きれいな女性がママをしているお店で、常連客はもちろん、ママも一緒になっておいしそうにハイボールを飲むテレビコマーシャルが当たり、一躍大人気のお酒となってハイボールブームが巻き起こりました。
これをきっかけに、ウィスキー会社各社は缶入りのそのまま飲める手軽なハイボールを売り出し、その売り上げは年々伸びています。

焼酎にも現れたハイボール

ウィスキーのハイボールの好調さに乗っかろうと、焼酎ハイボールなるものも登場しました。
焼酎ハイボールの特徴は、ウィスキーのハイボールとは違って、果実を使ったさまざまなテイストがあることです。
いつも同じ味だと飽きてしまうという人には、焼酎ハイボールがおススメかもしれません。

そもそもすでにハイボールだった

チューハイとは、焼酎を炭酸で割った飲み物です。
そもそもチューハイという言葉自体が、焼酎ハイボールを略しているということは意外と知られていません。
そのため、チューハイと焼酎ハイボールは、厳密にいえば同じ物ということになります。
ただし、昨今のウィスキーハイボールのブームに乗っかるには、おなじみとなったチューハイとして売りだすよりも、あえてハイボールという言葉をつけた方がいいという、酒造会社による作戦だと考えられます。

飲んでみて違いを知ろう

普段からチューハイを飲んでいた人でも、焼酎ハイボールなるものを見つけたら、どう違うんだろうと感じ、買ってみようと思うでしょう。
これが、企業の戦略であり、それにしっかりとハマってしまっているわけです。
とはいえ、語源は同じでも、酒造メーカーとしてあえて焼酎ハイボールと名付けるには、これまでの缶チューハイとは違うと感じてもらう必要があります。
何ら変わりないというのでは、焼酎ハイボールの方が価格が高く設定されているため、継続して買ってもらえなくなるからです。
缶チューハイと焼酎ハイボールにどのような違いがあるのかは、実際に飲んでみないとわからないですが、ウィスキーよりも味のバリエーションが豊かなことから、楽しみが増えるのは確かです。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る