textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

一度は飲んでみたいプレミアム焼酎

人気のトリオが存在

焼酎好きなら一度は飲んでみたいと思う銘柄としてよく名前が挙がるのが、魔王です。
魔王の他にも、偶然にMで始まる文字が名前になっている銘柄が2つあり、飲んでみたい焼酎のプレミア3Mなどと呼ばれ、焼酎ファンの憧れの対象となっています。
鹿児島県の白玉醸造という、とてもやさしい雰囲気の名前のメーカーが作っているお酒ですが、魔王という名前にとてもインパクトを感じるという人が多いのではないでしょうか。

魔王の名前の由来

ウィスキーやブランデーは長期間にわたって樽の中で熟成され、美味しくなっていくお酒として知られています。
この熟成する作用の中で、原酒は呼吸をすることによって、樽の中で少しずつ量を減らしていってしまいます。
この減少してしまう原酒が非常に貴重なものだとして、昔から「天使の分け前」と呼ばれてきました。
その貴重さから、縁起のよいお酒と考えられていたのです。
魔王は、魔界へ最高のお酒を調達しようとする悪魔たちによって、天使がそそのかされてしまい、その結果魔界にもたらされたお酒という意味で名前が付けられました。
名前の由来としては、非常にストーリー性豊かですが、一言でいうならばそれだけ美味しく、飲む価値があるということを、このインパクトのある名前に込めたと考えられます。

お味はどうなのか

天使をそそのかしてまで悪魔たちが手に入れたがった焼酎とは、どのような味がするのか、焼酎好きでなくとも気になるところです。
味の感じ方は人によって異なるものの、飲み口はさっぱりとしていて、非常に飲みやすいという印象を受けます。
それでいて、後味にはしっかり芋焼酎の味わいがしてくることから、最初に飲んだ時の印象と、おっつけてやってくる芋の味わいから、違った味わいが二度楽しめる不思議な感覚の焼酎と言えそうです。

なぜ入手困難なのか

これほどまでに誰もが一度は飲んでみたいプレミア焼酎になぜなってしまったのかというと、理由はただ一つ、入手困難だからです。
なぜ入手困難なのかというと、作り手にこだわりがありすぎて少ししか生産できないため、多くの欲しい人へと圧倒的に行き渡らないからです。
値段も必然的に高くなりますが、手間暇かけて作られた焼酎だけに、見つけたらチャンスを逃さず買うとよいでしょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る