textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

シングルモルト、グレーン、ブレンデッド、これ全部ウィスキー?

ウィスキーにはいろいろある?

ウィスキーは麦芽やトウモロコシといった原料を蒸留することで生まれるお酒として知られていますが、一口にウィスキーといっても色々な種類があります。
モルトウィスキーやグレーンウィスキーなど、作り方も違えば味も違うのですが、何も知らないまま同じものだと思って飲んでいる方も多いのではないでしょうか。
これを機会にウィスキーの違いを知り、晩酌をより優雅なものにしてみましょう。
まずウィスキーには簡単にモルトとグレーンの2つに分けられます。
モルトは麦芽を主な原料としたウィスキーです。
麦芽はビールなどにも使われていますが、ウィスキーにもなりうる万能な原料なのです。
次にグレーンウィスキーはトウモロコシを原料としたものです。
元々はモルトウィスキーを作るにあたって必要な麦芽のコストが上がったために、代わりにトウモロコシで作ってみよう、というアイディアから始まりました。
深みのあるモルトウィスキーに比べて、さっぱりとした味わいを持つのがグレーンウィスキーの特徴です。

純粋なウィスキーは意外に売られていない?

そして、市販されているウィスキーはモルトとグレーンを混ぜたブレンデッドウィスキーというものがほとんどです。
麦芽だけで作ったウィスキーも、トウモロコシだけで作ったウィスキーもどちらかといえばマイナーなウィスキーです。
そんな中でシングルモルトと呼ばれるウィスキーは正真正銘麦芽だけを使ったウィスキーです。
通常は複数の蒸留所で作られたウィスキーを混ぜ合わせて市場へと売り出すのですが、一つの蒸留所で作られているウィスキーは味へのこだわりがしっかりしているので、愛好家も少なくありません。

国ごとにウィスキーの作り方は分かれる!

基本的にウィスキーは製造方法の違いによって分けられるのですが、更に地域ごとの作られ方によっても5つに分けられます。
スコッチ、アイリッシュ、カナディアン、アメリカン、そしてジャパニーズです。
それぞれスコットランド、アイルランド、カナダ、アメリカ、そして日本で作られているからそう名付けられたのですが、ここでは日本のウィスキーの特徴だけ説明しましょう。
元々日本ではスコッチを参考にしてウィスキーが作られていたのですが、日本人の舌に合わず、より軽めの仕上がりにしてみたところ、大きな反響を受けて日本の定番となりました。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る