textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

奥が深くても初心者でも楽しめる飲み方

奥が深いお酒

様々な種類のお酒がありますが、ウィスキーが好きという人は多いでしょう。
その理由にいろいろな楽しみ方ができる奥の深いお酒であるというのが挙げられます。
ウィスキーでよく聞くのが、シングルやダブルといった言い方ですが、これはウィスキーの量を示す言葉です。
シングルが30ml、ダブルはその倍ということで60mlになります。
注文するときの容量として覚えておきたいマナーです。

飲み方もいろいろ

ウィスキーはアルコール度数の高いお酒ですが、ストレートで飲むのが好きという人もたくさんいます。
ウィスキー向けの小さめのグラスに1/3程度注いでそのまま飲むのが、ストレートです。
ちょっと薄めたい、あるいは冷たいウイスキーを飲みたい人に向いているのがオンザロックスです。
ウィスキーを適度に薄めながら冷たくするには、大きい氷を使うのがおススメです。
細かい氷に比べてゆっくり溶けますので、ウィスキーの風味を損なうことなく味わえます。
飲みやすさという点でいえば、水割りは定番中の定番です。
ウィスキー1に対してミネラルウォーター2の割合が最適とされています。

ウィスキーブームの火付け役

近年のウィスキーブームの火付け役となったのは、炭酸水で割るハイボールが大人気となったことです。
ウィスキー1に対して炭酸水3が最適なバランスですが、もうちょっとウィスキーが欲しい人は濃いめで作ることもできます。
濃いめの場合、ウィスキー量は45ml程度になりますが、グラスの大きさにもよりますので、自分にとってベストな配分量を探るのも面白いでしょう。
レモン果汁を入れればさわやかなハイボールになります。
美味しく作るには、ウィスキーを入れたあと炭酸水を注ぎ、数回軽くかき混ぜることです。
かき混ぜすぎると風味を損なってしまいますので、軽く混ぜることでウィスキーのおいしさが味わえます。

ウィスキーをバーで飲むときのマナー

様々な飲み方が楽しめるウィスキーですが、バーで飲むときにはマナーがあります。
ショートカクテルは短時間で飲むのがマナーですので、ゆっくり飲みたいときはストレートで頼むことが大事です。
また、ウィスキーを飲みながら煙草を吸ったときについやってしまいがちなのが、灰皿で煙草の先をもみ消すことです。
バーではこれが店への不満を表すサインになるのですが、知らない人も多いでしょう。
喫煙者がバーで飲みたい時には、ぜひとも覚えておきたいマナーといえます。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る