textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

コニャックというお酒はブランデーの一種

区別がつきにくい洋酒

洋酒だけを好んで愛飲している人ならよく分かるでしょうが、普段はビールや日本酒を飲んでいるという人にとって、洋酒は区別がつかなくてよくわからないと感じている人は多いのではないでしょうか。
確かにウィスキーにバーボン、スコッチなどはよく耳にしますし、さらにブランデーやコニャックも、名前だけは知っているという人が多いと思われます。
ただ、その違いを説明できるかと言われたら、洋酒が好きという人もむずかしいと感じるかもしれません。
それくらい、見た目も似通っているお酒です。

コニャックとは

コニャックがブランデーの一種であることを知っている人は、洋酒好きには多いでしょう。
ブランデーの一種でありながらもブランデーと異なる点は、ブランデーが果実から作られた蒸留酒すべてを指すのに対し、コニャックは原料にブドウを使い、きちんと定められた製法によってフランスのコニャック地方で作られたブランデーだけを指すことです。
コニャックはフランスの法律によってその名を名乗れるかどうかの基準が設けられているお酒であるのが特徴で、アルマニャックも同様です。
ブランデーの中でも高級品として知られるコニャックは、原料から製法まで法律で定められていることにより、上質なものが出来上がるのを最初から約束されたブランデーともいえます。

ブドウ以外の原料を使うこともある

一般的にブランデーの原料となる果実はブドウで、コニャックはブドウの品種まで厳密に定められています。
ただ、ブドウからしかブランデーは作れないのかというと、そうではありません。
リンゴから作ればアップルブランデーとなり、チェリーから作ればチェリーブランデーとなります。
果実が異なることで、出来上がったブランデーの香りも変わってきますから、いろいろな果実でできたブランデーを試してみるのも面白いかもしれません。

まずは王道を知ってから

果実を蒸留して作るお酒がブランデーの最大の特徴ですので、さまざまな果実で作れるのも納得できます。
とはいえ、フランスが法律によって定めるくらい徹底した条件のもとで作られるコニャックは、ブランデーの王道ともいうべき存在です。
そのため、まずはコニャックを味わい、その味を知ってから他の果実でできたブランデーを楽しむのが基本と言えます。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る