textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

どんな楽しみ方もできるのがリキュールの特徴

楽しみ方はカクテルだけじゃない

リキュールは揃えておくだけでカクテルの材料になりますが、いろいろな飲み方を楽しめるお酒としても便利です。
ちょっとした工夫で1つのリキュールをデザート感覚で楽しむことや、食事のお供、ナイトキャップとしても楽しめます。
ちょっとした工夫を覚えておくと、自分で飲む時だけでなく、パーティーの時にも便利です。

まずはどんな味なのか知ること

リキュールがどんな味になるのか、変化を楽しむ前にストレートで飲んでみましょう。
ストレートで飲むことによって、どんなものと合わせやすいのか、どれくらい薄めればちょうどいいのかを判断できます。
ストレートで飲む時には、チェイサーを用意してから飲んでください。
チェイサーとは強いお酒を飲んだ時に、体に負担がかからないようにする飲み水のことです。
お酒を飲むと多少舌の感覚が麻痺する場合もあるため、舌を回復させる効果もあります。
ストレートで飲む場合はコップの中に、指1本分程度で試してみてください。
チェイサーはコップ1杯程度用意することを忘れないようにしましょう。
お酒に強い人ならロックで飲んでも楽しめますが、リキュールは口当たりがよいものが多いため、飲み過ぎないように注意してください。

水やソーダ、お茶で割る

飲み方として、水やソーダで割る方法がもっとも定番な割り方です。
リキュールの味わいを損なわず、飲みやすさをプラスできるのが水やソーダで割る方法といえます。
飲む時には、分量に気を付けると食事のお供としても利用できるでしょう。
種類によってはお茶で割るのも相性がいいといわれています。
例として柑橘系のリキュールを紅茶で割ると飲みやすく、ナイトキャップにもしやすいです。
花の香りがするリキュールなら緑茶やウーロン茶、水やソーダで割っても楽しめます。
夏ならソーダ割り、通年で飲みやすいのが水割り、冬はお湯割で楽しみましょう。

牛乳・豆乳で割る

一部のリキュールは牛乳で割ると口当たりよく、ナイトキャップとしてだけでなく、デザート感覚で楽しめます。
紅茶やコーヒーのリキュールは、定番といえるでしょう。
ミルクティーのお酒やカルーアミルクと呼ばれるカクテルにも変化します。
牛乳に合うリキュールの場合、豆乳でも合うことが多いため、好みで使い分けましょう。
ココナッツミルクやアーモンドミルクの場合は、よりカクテルっぽくなるため、リキュールによって相性が出てきます。

カクテルにして飲む

ジュースや別のお酒と和って楽しむのが、もっとも定番の飲み方といえるでしょう。
カクテルの種類は無限にあるため、先人の知恵を借りて楽しむのもいいですし、自分だけのオリジナルカクテルで楽しむのも素敵な飲み方です。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る