textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

樽が違うと味も変わる?ワインの熟成における樽の役割とは

樽で熟成させたワインは他と何が違う?

ワインの熟成には、主に木製の樽やステンレスやコンクリート製のタンク、そして瓶内熟成などがあります。
これらはただの容器としてではなく、とくに樽とその他の容器では、出来上がるワインの風味は大きく異なります。
木でできている樽はステンレス容器や瓶と違って通気性があり、酸素に触れた状態で熟成される酸化的熟成が行われるからです。
酸素に触れることでワインの色素が安定し、タンニンの苦みや渋みを和らげてまろやかなワインに仕上げます。
また、樽材には木の成分であるポリフェノールや香り成分なども含まれており、熟成している間にワインの中に溶け出します。
それがワインの風味をより複雑で深いものに変えるのです。
こういった酸化的熟成は主に赤ワインの熟成に用いられており、葡萄本来のフレッシュでフルーティな風味を活かしたい場合は通気性の低い容器を使った還元的熟成が用いられます。
白ワインやロゼワインの熟成にステンレスや瓶が用いられることが多いのはそのためです。

ワイン熟成に使われる樽の種類は?

ワイン熟成に使われる樽は、基本的にオーク、つまり樫の木を使っています。
タンニンの含有量が多いオークは微生物に強く、液漏れしにくいため樽材に適しているのです。
オーク樽の産地で代表的なのは、主にフランス、アメリカ、そしてハンガリーや東欧などです。
とくに人気が高いのがフレンチオーク樽で、香り高くワインにしっかり香りを受け渡してくれるため、プレミアムワインの熟成に多く使われています。
フレンチオークに似た特徴を持ちながら、価格が安いハンガリーや東欧産の樽も近年使われることが増えてきました。
ナッツ系の香りと相性の良いフルボディ系のぶどう品種によく使われます。
アメリカンホワイトオークも広く使われており、ココナッツやバニラの甘い香りを受け渡すためフルーティなワインと相性が良いと言われています。

樽による香りの違いを楽しもう

樽の種類によってワインに受け渡される香りの種類も違い、オーク樽に含まれる香り成分には様々な物があります。
具体的には、ココナッツのような香りがするラクトンや、バニラの香りのバニリン、スパイスの香りのオイゲノール、キャラメルのような甘い香りのフルフラール、スモーキーな香りのグアイアコールなどです。
オーク樽を使う時は殺菌のために内側を焼いており、それによってトースト香も加わることがあります。
このように、ワインの風味に大きな影響を与える樽は生産者のこだわりが表れる部分です。
ワインを味わう際は樽の種類にも注目して、香りの違いを楽しんでみてください。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る