textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

日本酒にはランクがいろいろあるのが特徴

日本酒選びで迷うこと

普段からこの日本酒しか飲まないという人に日本酒を贈るときは、その銘柄を選べばいいので何も難しいことはありませんが、どんなお酒を飲んでいるのかわからない時や、ちょっといいお酒を贈りたいという時に迷ってしまうのがどれを選べばいいかということでしょう。
それというのも、日本酒には本醸造酒もあれば純米酒もあり、さらに吟醸酒に純米大吟醸というお酒もあり、どれがどれやら、知らない人にはお手上げといった状態になるからです。

注目すべきポイントは二つ

たくさんの違いがあるように思えますが、押さえるべきポイントは醸造アルコールと精米歩合です。
醸造アルコールと聞くと、なんだか人工的で体に悪いような気がしますが、サトウキビなどから作られた蒸留酒で、体への悪影響は一切ありません。
精米歩合とはお米の外側を削る精米という作業によって、どのくらいのお米が残ったかを表す数値です。
精米歩合によって出来上がる日本酒の味わいが異なりますので、一概に削ればいいというものではないともいえます。
まずはこの二つを押さえると、日本酒を探しやすくなるでしょう。

大吟醸とは

大吟醸酒というと、とても美味しそうなお酒に聞こえますが、米と米麹、水に醸造アルコールも加えるのが特徴です。
お米の精米歩合に関していえば50%以下ということで、お米を磨きに磨いて作っているところは、さすが大吟醸といったところでしょう。
低温でじっくり発酵させる吟醸酒づくりをさらに徹底して行った結果、出来上がるのが大吟醸酒ですので、吟醸酒と飲み比べをしてみると面白いかもしれません。
味わいは、華やかな香りとさらりと澄み切ったお酒に仕上がっているのが特徴で、日本酒は飲み慣れていないという人にも飲みやすいのではないかと考えられます。

最高峰は純米大吟醸

純米大吟醸は、原料にお米と米麹、水だけを使い、醸造アルコールは使わずに、じっくりと手間暇かけて作った日本酒の最高峰というべきお酒です。
醸造アルコールが入っていないことによって、穏やかな香りになり、お米の甘みが味わえるお酒となっています。
日本酒好きなら毎日でも飲みたいお酒ですので、贈り物にする時は純米大吟醸を選ぶことにより、一番いいお酒を選んでくれたと思ってもらえるでしょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る