textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

ハブ酒はどういう味のお酒なのだろう

ハブ酒はどうやって作るのか

ハブ酒と言う名前は知っていても、その味はもちろんの事、作り方自体知らないと言う人は少なくありません。
原料は何か、さらにどの様に作っている物なのかと言う事も合わせて知っておくと、より堪能できるのではないでしょうか。
そもそもハブ酒自体はハブと焼酎を利用して作るお酒の事です。
薬味酒の一種として扱われており、その時に利用する焼酎は泡盛は黒糖焼酎が使われています。
ただ、実際に生き物を使って作るお酒だから臭いとかを感じるのではないかと心配する人も居るかもしれませんが、これに関しての心配は不要です。
臭みの原因となるのは内臓の内容物なので、それをしっかりと取り除き、さらに綺麗に洗ってから焼酎に漬けているからです。
密封して数年放置する事で赤褐色の色に変化します。
市場に出回っているのですが、中にははちみつなどを利用して甘味を加えている製品も有ります。

どんな味のお酒か

ハブ酒自体は沖縄土産としても選ばれる事が多く、泡盛を使っていたり、右近や黒糖等を加えている製品も有ります。
実際に飲んでみると少々癖があると感じる人も居ますが、実は熟成させる期間が長くなればなるほどその癖がマイルドな物に変化して行きます。
その為古くなればなるほど飲みやすくなるので、初挑戦の人は長期熟成の物からチャレンジすると良いでしょう。
またハブ酒の中には黒糖やはちみつを使っている物が有りますが、これらの場合は通常のハブ酒に比べるとほのかな甘みを感じる事が出来ます。
また中には泡盛ではなくラム酒を利用している物も有ります。
この場合はラム酒の香りを堪能する事ができ、非常に飲みやすく変化していると言って良いでしょう。
基本的にハブと泡盛だけで作られている物に関しては、なるべく熟成する方が飲みやすくなります。
しかしハーブを入れた物に関して言えば、その入れたハーブの香りを堪能できる物になっており、ハブ独特の癖も感じにくくなっているのが大きな特徴です。
人によっては今まで飲んだことが無い味がすると感じる場合も有りますが、好きな人はハブ酒が一番となる程美味だと言っても良いでしょう。
味の感じ方は人それぞれなので、興味のある人は一度試してみる事をお勧めします。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る