textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

グレープブランデーやフルーツブランデーを楽しもう

世界三大銘柄

ブランデーには産地やメーカーごとに様々な製品があり、人気のブランドも多彩にありますが、世界三大ブランデーとされている銘柄にはコニャック・アルマニャック・カルヴァドスがあります。
さらにこの3つで有名なメーカーやブランドがあり、同じコニャックでも好みによって人気銘柄があります。

グレープブランデーとフルーツブランデーの違い

ブランデーのおすすめ銘柄を探す際には、大きく2つのカテゴリがあることを知っておくと便利です。
原材料の違いによる分け方で、ぶどうを原料にしたグレープブランデーと、ぶどう以外の果物を原材料に使うフルーツブランデーに大別されます。
ブランデーと言えば、一般的にはグレープブランデーとなりますが、世界にはリンゴやプラム、チェリーなどを使ったフルーツブランデーも製造されており、世界三大銘柄の1つであるカルヴァドスはリンゴを使ったフルーツブランデーに分類されます。

グレープブランデーの代表銘柄

グレープブランデーの中でも世界的にメジャーな銘柄として、コニャック、アルマニャック、フレンチブランデー、ビスコ、ポマースブランデーなどが挙げられます。
コニャックはブランデーの代表格に位置づけられる高級酒で、フランスのコニャック地方において、一定の定められた製法によって造られたものだけが、その名称を名乗ることができます。
アルマニャックはフランスのアルマニャック地方において、やはり定められた製法によって造られたもので、フランス最古のリキュールとしての歴史を持ち、食後酒に利用されます。
フレンチブランデーとはフランス産のブランデーの総称で、地域や製造法が限定されるコニャックとアルマニャック以外のフランス産ブランデーを指すのが一般的です。
ピスコはペルー原産のぶどう果汁を用いた蒸留酒です。
ポマースブランデーはぶどうの搾り粕を原料に造る粕取りブランデーとも呼ばれており、ヨーロッパ各地で製造され、それぞれの国で呼び方が異なっています。

フルーツブランデーの代表銘柄

フルーツブランデーの代表銘柄としては、フランスのノルマンディー地方で栽培されるリンゴを原料に造られるカルヴァドスが有名です。
中には西洋ナシを使ったカルバドスもありますが、ノルマンディー地方で製造されたものだけがカルヴァドスとされ、それ以外の地域でリンゴから造られたものはアップルブランデーと呼びます。
種子ごと粉砕したサクランボを原料としたキルシュヴァッサーはドイツのシュバルツバルト地方で製造されるフルーツブランデーで、フランスのアルザス地方で造られたチェリーブランデーはキルシュと呼ばれます。
カクテルやお菓子作りにおすすめの銘柄です。
フランボワーズはフランス産の木いちごを原料にしたもので、ドイツ産の木いちごを使ったものはヒンベアとされ、こちらもカクテルや製菓材料におすすめです。
そのほか、チェコやハンガリーで造られる杏子を原料にしたアプリコットブランデーをバラック・パリンカ、スモモを原料にしたプラム・ブランデーをスリヴォヴィッツと呼んでいます。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る