textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

ネット通販でも手に入らない人気の日本酒

幻を作ったとまで言われるお酒

日本酒の中には、数多くの人気銘柄がありますが、その中でも幻を作ったとまで言われるのが高木酒造です。
その幻とは、「十四代」という名で知られています。
幻と言われる所以は、名酒としてその名を知っている人が非常に多いにも関わらず、実際に飲んだことがある人をほとんど見かけないことによります。
その理由をしれば、十四代を飲んだ人がなかなかいないことに納得できるでしょう。

最高級の十四代

日本酒の人気銘柄の中には、同じ名前でもランクが異なるものが作られているケースがかなりあります。
十四代も同様で、本醸造等級にあたる本丸 秘伝玉返しとなると、一升買うのにかなりの勇気が必要なお金になってくる人がほとんどです。
けれども、数万円で驚いていてはいけないのが、十四代が幻と言われる所以です。
最上級の純米大吟醸十四代 龍泉ともなると、桁が一つ多くなります。
しかも一升瓶ではなく720mlですので、そう簡単に飲んだことがあるという人を見かけないのも納得です。

よく分からない神秘的な魅力

実際に飲んだことがない人が大半なのに、なぜネット通販でも品切れになるほど人気なのかという理由に、十四代というお酒がどのように作られているかがよく分からないという要素があります。
山形県村山市にあり、創業は1615年元和元年ということで、400年以上もの歴史を誇る酒造会社であることはラベルからわかるものの、インターネット全盛のこのご時世にホームページを作っておらず、他の媒体においてもほとんど情報発信をしていません。
どのような製法で作っているのかや、どんなこだわりを持ったお酒なのか、はては十四代という名前に込められた意味などが何も分からないことが、逆に十四代を神秘的なお酒にし、多くの人が注目する結果となっているといえます。

どうしても飲みたいと思ったら

神秘的で、値段も高いことから絶対入手できないお酒である十四代は諦めるしかない、でもどうしても飲みたいという人は多いでしょう。
その場合は、十四代ではないものの、十四代を作る蔵元である高木酒造が販売する日本酒を、ネット通販で購入するのがおすすめです。
厳密にいえば十四代を飲んだことにはならないものの、十四代がどのような味なのかを推測できるだけの高木酒造の美味しい日本酒なら、手ごろな値段で手に入ります。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る