textbookお酒の教科書

スピード査定はこちら「今すぐ価格が知りたい」

0120-962-166

(電話受付時間 9:00~20:00 木曜日定休)

明治39年に創業した日本人の心を掴む佐藤酒造について

鹿児島焼酎は麹が決め手

焼酎の佐藤といえば佐藤酒造メーカーの名前が思いつくのではないでしょうか。
佐藤酒造は明治39年に姶良郡加治木町で創業された焼酎を作成している会社で、美味しい鹿児島焼酎を作っています。
鹿児島焼酎の佐藤酒造では、本格芋焼酎を製造販売しています。
麹仕込みで作られた白佐藤という焼酎と黒麹仕込みで作られた黒佐藤の2種類がありますので、お好みに合わせて選ばれるとよいでしょう。

白佐藤のおいしさについて

初めて焼酎を飲まれる方にお勧めしたいのが、白麹を使用した白佐藤です。
口に含むと香ばしい芋の香りと味わいが広がり、芋の甘味や香りを楽しむことが出来ますので、焼酎を初めて飲まれる方も飲みやすいでしょう。
白麹の柔らかな風味の中にコガネセンガンの甘味が加わっています。
コガネセンガンというのは鹿児島大隅半島産のサツマイモの一種で、とても甘い味をしています。
名前の由来は黄金を千貫積んでも食べたいという意味が込められており、皮も黄金色をしている美味しい芋です。
鹿児島の芋焼酎の半分はコガネゼンガンが原料となっており、糖度も高くデンプンも多く含まれています。
また白佐藤は雑味があまりありませんので、水やお湯で割ってサッパリと飲まれるのもよいですし、ソーダやグレープフルーツなどの果汁で割って、カクテルなどを作ることも出来ます。

黒佐藤のおいしさについて

黒佐藤の方は、白佐藤と比べると濃く深い味わいがします。
白佐藤と同じように原料にはコガネセンガンが使われています。
丁寧に熟成されているため、口の中で繊細で滑らかな舌触りや重く深い飲みごたえも感じることができるでしょう。
芋本来の味わいを感じることが出来ますので、芋焼酎の香りや深みを味わいたいという方は黒佐藤の方を好まれる方も多くいらっしゃいます。
力強く喉越しもよいので、芋焼酎そのものをじっくりと堪能したいという方は黒佐藤の方がお好みかもしれません。
熱いお湯で割ると、甘い芋の味わいや黒麹のコクを感じることができます。
焼酎の佐藤ですが、芋焼酎以外にも麦焼酎の販売も行っています。
佐藤の麦焼酎は2007年に販売が開始されており、麦の香ばしさや甘味を味わうことが出来ます。
熱燗で軽く温めて飲むと美味しく頂くことが出来ます。
佐藤の焼酎は数量限定で作られているので、人気もあるので市場に出回りにくくなっています。
プレミアムな焼酎として手に入れることが出来たら、美味しい芋焼酎をゆっくりと味わってみましょう。

こんなお酒も喜んで高価買取いたします

  • ラベルが破損・紛失したお酒
    ラベルが破損・紛失したお酒
  • 空き瓶も高価買取します
    空き瓶も高価買取します
  • ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
    ボトルが汚れ・ホコリまみれでもOK
  • 製造から1年経過したお酒でも
    製造から1年経過したお酒でも
超カンタン宅配キット 即日発送いたします
お酒高価買取専門店ネオプライストップへ戻る